パソコンデスクを行政の不用品回収に出しました


数年前に自営で仕事を始めました。

私は女性ですから、同性の役に立ちたいということで女性が喜ぶものを取り扱っていたのです。

相模原市の葬式の情報が揃っています。

はじめは順調でしたが、あることがキッカケで仕事が行き詰まり、ついには倒産するしかなくなってしまいました。
不本意ながら、それが1番正しい方法だったと今でも考えています。

その決断を下したあとは、色々な手続きを行わなければならず大変でした。
事務所の掃除に加え、パソコンデスクなど大きなものは不用品回収に出さなければいけませんでした。

相模原市の葬式情報を集めました。

パソコンデスクは仕事以外では使い道がないため、そのままにしておくことができなかったからです。
社員の人数分のパソコンデスクを、不用品回収として引き取ってくれる場所を探したところ、行政サービスが粗大ごみとして回収を行っていることを知りました。
民間でもそういうサービスを専門にしている場所はたくさんありますが、回収料金を比較してみると、行政のサービスがほかに比べて安価に設定されていましたから、そこに依頼しようと考えました。

当時は必要以上にお金を払う余裕がなかったため、なるべく安く抑えようとしたのです。


なぜ、そんなに安いかというと、収集日と収集場所があらかじめ指定されているからです。

収集場所に出しておいた不用品を、誰かほかの人がもっていくことを避けるため、収集日以外に出すことは禁止されていますので、決められた日時と場所に出す必要があるのです。そういった決まり事があるとはいえ、回収料金を安価で済ませたい場合は、とても有難いサービスです。


私は当日、社員たちと協力しながら不用品回収場所まで、デスクを運んでいきました。

相模原市の家族葬のココだけの話をしましょう。

そして、担当の方がそれらを回収していく様子をしっかりと見届けたうえで、処分をお願いすることができました。